トランシーノ(TRANSINO)のヒットは販促方法にあり

トランシーノ(TRANSINO)が2007年9月に発売され、
大ヒットを記録しています。


すでに、発売1か月で10億円を記録!
発売初年度で10億円いけばヒットと言われる中、
超垂直発進しています!


それだけ、注目度も高いといえるでしょう。


でも、これだけの大ヒットがなぜ、生まれたのか
非常に気になる所です。
それで簡単に調べてみました。


【トランシーノ(TRANSINO)が売れたワケ】

トランシーノが売れたワケとして、
販売方法が今までの一般用医薬品と違う点があります。

簡単に説明すると、
一般用医薬品はドラッグストアで
一般用医薬品専門の売り場に置かれます。
でも、日常品ではないため、どちらかというと、
店鋪の奥など、目立った場所にはないことが多いです。


そこがトランシーノはまったく違ったワケ。


トランシーノは、ドラッグストアの化粧品コーナーなどに
販促用の棚を設置して、売り場を確保。
一番、目立った場所を確保できたことが
大きな売り上げ貢献の要因になっているようです。


ちなみに近くのドラッグストアでは、
店鋪の入り口に設置してあるところもありました。



それで、ほかにも要因があります。
それが、ビューティースタッフ(美容スタッフ)を
味方につけたこと。

一般用医薬品なので、薬剤師の説明が必要ですが、
薬剤師の説明だけでは、少々、
伝わり方が違ってきます。


そこで、ドラッグストアのビューティースタッフが
コンシーラーでは隠しにくいシミ(肝斑)を隠せると
うまくアドバイスできたということでしょう。


トランシーノの売り上げ目標は、
2008年30億円だそうですが、この調子だと
軽々、目標達成になりそうですね!

トップ > トランシーノ・ヒットの秘密 > トランシーノ(TRANSINO)のヒットは販促方法にあり

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。