トランシーノが大ヒット! 富士経済のプレスリリースより

【富士経済、一般用医薬品と関連製品市場の調査・分析結果を発表】

総合マーケティングビジネスの(株)富士経済が一般用医薬品と関連製品市場の調査・分析結果を発表しました。

その一部にトランシーノの内容があったのでご紹介。


今後、一般用医薬品市場停滞の打破の鍵を握るのが体感製品と言える。体感製品は06年も、小林製薬から「ファイチ」「ナイシトール85」、ゼリア新薬工業からは「アポスティーローション」が発売され実績を上げている。中でも、メタボリック対策に漢方の活用が広まったことで、漢方処方エキス製剤の防風通聖散が大きく伸長した。07年は第一三共ヘルスケアからしみ(肝斑)改善薬「トランシーノ」が投入され注目を集めている。"メタボリック""痛みの軽減・緩和""生活改善薬(漢方処方含)"をキーワードに製品の開発・投入が行われ市場拡大に貢献すると期待される。
【引用:富士経済一般用医薬品データブック 2007 No.4より】

"メタボリック"
"痛みの軽減・緩和"
"生活改善薬(漢方処方含)"

これが、今後の一般用医薬品の大ヒットキーワード。
なんとなく、なるほどと思える内容が並んでいますね。
特にトランシーノがとりあげられている
生活改善薬は、今後、大きく伸びる可能性があります。
例えば、来年はファイザーから飲む禁煙薬「バレニクリン」が発売。
幅広い生活改善薬が登場しそうです。

今後、トランシーノの内容だけでなく
こうした内容も伝えていこうと思っています。

トップ > トランシーノニュース > トランシーノが大ヒット! 富士経済のプレスリリースより

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。