トランシーノ口コミニュース…「美容」「予防」で攻勢…OTCメーカーが化粧品、皮膚科開業も

大衆薬(OTC)大手が、美容の効能をうたった商品に力を入れ始めた。薬事法の改正によって2009年からコンビニエンスストアなどで「医薬品」の販売が解禁されるため、美容関連商品の潜在需要を喚起できる可能性が高まるためだ。人口減を背景に大衆薬の国内市場が縮小するなか、今回の販売制度の見直しを機に、「美容」や「予防」を切り口に新規ユーザーの開拓に乗り出す。

 大衆薬最大手の大正製薬は17日、美容液「リビタQ10ブライトニングエッセンス」(30ミリリットル、4800円)を20日から、全国のドラッグストアなどで販売すると発表した。華やかなブランドイメージを強みとする化粧品メーカーとの違いを強調し、初年度1億円の売り上げを目指す。

 大正製薬は、健康食品などの「リビタ」ブランドから昨年10月に化粧品も発売。軟膏(なんこう)技術を応用したクリームなどを手がけてきた。今回、東京理科大と共同開発した美肌の技術「リポダイヤ」を生かし、美容液にまで手を広げることにした。

 エスエス製薬は二日酔い薬として販売してきた「ハイチオールC」を、肝臓への働きかけで肌のしみ、そばかすを治療するとの切り口でリニューアル。“美白ブーム”に乗り、年間売り上げ20億円程度から、02年のピークで85億円(2002年)のヒット商品を生み出した実績がある。これをうけて今年11月には、リニューアルした東京駅八重洲口の大丸東京店の2階化粧品売り場に、国内初の試みとして薬局を開設した。

 一方、ロート製薬は来年1月に東京・麻布十番に美容皮膚科の「アオハルクリニック」を開院する。少子高齢化社会に向け、今秋に発表した「ウェルエイジング(よりよく年を重ねる生き方)」プロジェクトの第1弾だ。

 美容分野でも予防の意識が広がることを見込み、開院に先立ち1億円を出資して医療法人財団を立ち上げた。処方する医薬品などで協力するほか、臨床現場のデータを研究開発に役立てる。

 第一三共ヘルスケアも今年9月、しみ改善の医薬品「トランシーノ」を発売。先行するエスエス製薬は製品が競合することで「薬局にしみ専用コーナーが設置されるなど相乗効果を生み、全体の売り上げを伸ばした」と語る。

 美容分野の市場をどう開拓できるかが、大衆薬メーカーの成長のカギを握ることになりそうだ。
【FujiSankei Business i. 2007年12月18日】


トランシーノの口コミ情報があります。
内容は、OTC薬の攻勢についてですね。
もともとトランシーノも医薬品開発の技術を応用して、出来上がったOTC薬。今後、2009年の薬事法改正によって、トランシーノがコンビニエンスストアで発売されている状態も考えられるわけで、OTC化された医薬品には今後、注目していた方がよさそうですね。


それにしても、トランシーノのほかにもこれだけのOTC化された医薬品があることが驚きです。現在、大手大衆薬メーカーの業績はイマイチパッとせず、大正製薬は1/3の売上高は、リポビタンシリーズが稼ぎ出しているのが現状。どの企業も新しい分野を切り開こうと必死なわけで、今後、いろんな分野、例えば、美容や育毛、消臭など、本当にさまざまな展開が予想されるわけです。

今後、大衆薬メーカーから発売される化粧品にぜひ、期待していきたいと想っています。

トップ > トランシーノニュース > トランシーノ口コミニュース…「美容」「予防」で攻勢…OTCメーカーが化粧品、皮膚科開業も

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。